田原坂公園(たばるざかこうえん)

田原坂公園公園へ行ってきました。写真を撮ってきましたのでご覧下さい。入場料は無料、資料館が有料です。駐車料金は無料です。

広告

アマゾンで買って良かったアイテム

地図

駐車場

100台ほど
第一駐車場、第二駐車場、第三駐車場と三ヵ所あります。料金は無料です。

平日は空いてる
平日は空いてますが、休日は混むかもしれません。

第一駐車場

8時~19時まで
第一駐車場は8時~19時まで駐車できます。
第一駐車場
第一駐車場 案内

駐車場案内

ちょっと古くて見にくいですが、位置が分かり易いです。水色の部分が駐車場です。

※写真はクリック拡大できます。
田原坂駐車場案内

お手洗い

キレイ
第一駐車場にお手洗いがあります。しっかり掃除してあるようでキレイに保たれていました。

第二駐車場

夜でも駐車できる
第二駐車場は夜でも駐車するこが出来ます。
第二駐車場

自動販売機

自動販売機×1
第二駐車場には自動販売機が設置されています。
※写真はクリック拡大できます。
自動販売機

田原坂公園周辺案内図

※写真はクリック拡大できます。
自動販売機
※案内に書かれている文章を書き出してみました。

田 原 坂

明治10年の西南の役は、日本史上最大にして最後の内乱であり官薩両軍が国を想う真情と信念により戦われた一大血戦でした。西南の役で最大の激戦となったのが、明治10年3月4日から20日までの17昼夜にわたる壮大なる田原坂の戦いです。

西南の役では、参戦者約10万人・死傷者3万6千人を数え、ここ田原坂の戦いでは死傷者6千5百人にものぼる壮烈な戦いがくりひろげられました。

この田原坂公園は、昭和32年に作られ、植木町では、西南の役の意義を後生に残すため田原坂資料館・弾痕の家建設・資料・遺品の保存展示、及び、付帯施設の充実など、田原坂の公園整備に努めています。

また、毎年有志により植木町西南の役田原坂慰霊祭などが実施されています。

田原坂公園内

広い公園ではありません。広さは野球場2つ分くらいでしょうか。

※写真はクリック拡大できます。

お手洗い

狭いけどキレイ
キレイに保たれています。
お手洗い
お手洗い

西南役戦没者慰霊之碑

西南役戦没者慰霊之碑
西南の役戦没者慰霊之碑

※書かれている文章を書き出してみました。興味のある方は読んでみて下さい。

この慰霊碑は、明治十年(1877)の西南の役で戦死された官軍6923名、薩摩7186名、殉難者29名の御霊の安らかならんことを願って建立したものです。

西南の役は、明治維新における新政府の施策をめぐる相反した意見の対立が膨らみ、ついに国内史上最大最後の内乱、西南戦争勃発に至ったものであります。国の安寧と民族の発展を希求して止まらなかった前余有為な青年たちが、立場こそ官薩両軍に別れて熾烈(しれつ)な戦いを行いましたが、国を憂う志士たちの熱膓(ねつちよう)は異なるところはなく、骨肉相喰(こつにくあいはむ:肉親どうしが争い合う様。)む悲劇という外はありません。

植木町では、ここ激戦の地、田原坂に全戦没者の御霊を慰霊し崇高な精神文化の遺産を継承し町づくりの象徴とするため、碑の建立を行い、先人と共に顕彰に努めております。

戦没者名簿の編さんに当たっては資料収集に東奔西走(とうほんせいそう:東へ西へあちこち忙しく駆け回ること)、懸命の努力をもって掘り起こしに臨んだものの、必ずしも完全なものとはえません。戦没から百二十年の歳月は多くのことを遠くにし、資料の不鮮明さや氏名不詳できず、同音異語なども含めご理解をいただきたいと存じます。

この名簿編さんには、後記の資料と、ご協力いただいた関係者各位、とりわけ地元歴史家「中村稲男」氏の献身的な努力に基するところが大きく、感謝するところであります。

今後とも不明者への慰霊の念を絶やさず継続して調査を行い完了をめざす所存であります。

お気づきの点がございましたらご遠慮なくお申し出ください。

資料提供
 <記>

官軍については、
 「靖国神社忠魂史」を転記。

薩軍にしては、
 「西南の役戦没者名簿」(南洲神社社務所編)
 「熊本県史料」(薩賊屍死姓名銃一二)
 「熊本県史料」(熊本県下河尻埋葬名録)
 「熊本県史料」(熊本県下埋葬夫人名録)
 「薩南血涙史」(加治木常樹編)
 「丁丑感旧録」(宇野東風編)
 「協同隊士の研究」(寺田正一編)
 「敬天愛人」(西郷南洲顕彰会編)
 「隊名姓名録」(浄勝寺・本山)
 「薩軍戦没者名簿」(延寿寺・川尻)等を参考

平成八年三月(1996年)植木町

美少年の像

美少年の像
※石碑に書かれている文字を書き出してみました。

雨は降る降る
じんばはぬれる
こすにこされぬ
田原坂

右手に血刀
左手に手綱
馬上ゆかな
美少年

この美少年像は西南の役田原坂の戦いで散った若者たちすべての象徴である

平成2年10月建立 植木町

田原坂崇烈碑(すうれつひ)

田原坂崇烈碑
田原坂崇烈碑

※書き出そうとしたのですが、漢字が難しく出来ませんでした。出だしだけ
碑文には当時の社会情勢や戦いの推移、田原坂の激戦の様子などがまとめられています。とくに、西南の役の激戦のなかで、死傷者が四千余人にものぼった田原坂の戦いのような激しい戦いは他になかったこと。またもし薩軍が南関を破り北上したなら、各地の政府に不満の者が隙を見てた立ち上がり、禍い(わざわい)は測り知れないものになっただろう。そうならなかったのは田原坂の戦いに勝ったらであること。以上、田原坂激戦と勝利の意義が官軍の立場から述べられています。

○碑文
鹿児島県は西海に於いて(おいて)地最も広く、人最も勇なり。しこうして西郷隆盛名望世(めいぼうよ)を・・・

田原坂攻防戦詳報

※写真はクリック拡大できます。
田原坂攻防戦詳報

図略戦の近附坂原田

※写真はクリック拡大できます。
図略戦の近附坂原田

熊本市田原坂西南戦争資料館

資料館は無料と有料の2つがあります。今回は無料の資料館だけ観てきました。下の写真は無料で入れる資料館です。

資料館(無料)

資料館(無料)
※写真はクリック拡大できます。

資料館(有料)

資料館(有料)
※写真はクリック拡大できます。
資料館(有料)営業時間案内

西南戦争災の土蔵

※写真はクリック拡大できます。
西南戦争災の土蔵
※案内に書かれている文章を書き出してみました。

西南戦争戦災の土蔵
西南戦争当時、田原坂の頂上(植木町大字豊岡字休居二二四四番地)にあった松下彦次郎家の土蔵は、両軍の銃弾で無数の疵(きず)を受けました。田原坂の戦いの直後に、長崎の写真師 上野彦馬氏撮影の写真と、明治十三年頃に、熊本の写真師 富重利平氏撮影の写真が残されています。
(明治二十四年に松下家は、他県へ転出されていますので、その頃土蔵は、取り壊されたかもしれません。)植木町では昭和六十三年に、富重氏の写真を参考にして、土蔵を復元しました。

展望所

最近造られたと思われる展望所がありました。山並みを観ることが出来ます。

感 想

遊具は無し
ブランコやジャングルジムなどの遊具・アスレチックは一切ありません。

ウォーキングには適さない
広さといい、路面といい、ウォーキングやランニングには適さないと思う。

勉強して行くべし
西南戦争の歴史を少し勉強して訪れると、感動が倍増すると思います。

夜は行かない方が・・・
夜は空気が重い。田原坂一帯は本当に異なる雰囲気があります。心霊スポットにもなっているようですが、そんな軽々しい気持ちで行かない方がいいと思う。

花見
桜の季節は花見スポットになります。この時期だけは夜でも人が訪れ花見を楽しんでいます。

広告

田原坂公園(たばるざかこうえん)基本情報

注意:僕が行った時点(2017年10月3日)の情報です。変更になる場合もあるので、事前にご確認下さい。

施設名 田原坂公園(たばるざかこうえん)
住所 〒861-0163 熊本県熊本市北区植木町豊岡
営業時間 特に無し
資料館は9時-17時まで(入場は16時30分まで)
定休日 公園:無休
資料館:年末・年始
駐車場 100台ほど(無料)
料金 公園への入場料:無料
田原坂西南戦争資料館:有料
地図 (グーグルマップ 動かせます)

熊本 好きな公園ランキング

デヴィッド
熊本で好きな公園をランキングしてみました。僕は自然豊かな公園が好きな傾向にあります。ランキングはあくまで僕の感想です。
  1. 立田山自然公園
  2. 弁天山公園
  3. 八景水谷公園
  4. 飯高山公園
  5. 熊本県民総合運動公園
  6. 蛇ヶ谷公園
  7. 本妙寺公園
  8. あんずの丘
  9. 祈りの丘記念公園
  10. 菊陽杉並木公園さんさん
  11. 坪井川緑地公園
  12. 一本松公園
  13. 田原坂公園
  14. 武蔵塚公園
  15. 鴨川湖畔公園